Latest Publications

『自分に見合った顔』と私たちの中のシモンイス

昨日のトークでお話ししましたが、ミゲル・ゴメス『自分に見合った顔』後半は、私たちの中にある様々な子供っぽさの分析です。私たちの中にはたくさんの子供がいる。ニコラウもいればハリーもグロスもコピもいる。トラバソスもテキサスもシモンイスもいる。

そして、子供であるとは子供であるためのゲームを永遠に続けることです。私たちはみんなそうした子供としてかつて生きていた。ところが、それが変質する。

同じゲームが、共同体を維持するためのゲーム、ヒエラルキーを生みだし抑圧し排除する陰湿なゲームへと変質する。子供であり続けた子供は、あるとき、悪しき子供へとどこかで変質した自分と向き合うことになるのです。それは、シモンイス(権力欲)とハリー(悪意)の世界です。

悪しき子供に変質してしまった子供がどのように自らの中のシモンイスと向き合うか。どのように乗り越えるか。それこそがミゲル・ゴメスが自身の問題として直面した「30才の危機」であり『自分に見合った顔』という作品後半の大きな主題だと私は思います。

悪しき子供であることをやめるには、今度こそ本当に子供をやめるしかありません。大人になるのです。子供であり続けるためのゲームの場所から出ていくしかないのです。そしてそれは、そのまま多くの問題へと引き継ぐことができると思います。これは私たち自身の問題であるからです。

たとえば、シネフィル問題なんかもその一つでしょう。映画を愛し、映画をたくさん見る人という程度の意味だったはずのシネフィルという存在が、何故か陰湿で排除と抑圧に満ち、上から目線で他人を馬鹿にする言葉ばかりが溢れた権力の空間へと変質してしまう。それがシネフィル問題。

これは、昔から全然変わりません。同じ構造の繰り返しなのです。なぜなら、私たちは誰もがシモンイスを心の中に飼っているから。そして、そのシモンイスと対決するのは自分自身でしかないから。だから、シネフィル批判をするのは昔からシネフィルです。それは健全な成長過程なのです。

そして、悪しき子供になってしまった私たちは、自分たちの中のシモンイスと決別できてはじめて一人の個として他人と向き合うことができる。社会に参画できる。逆に言えば、他人のシモンイスの面倒なんて見てられないのです。自分の自意識は自分で解決しなきゃいけない。他人に甘えちゃいけない。

ただ残念なことに、こうした話は何度繰り返しても、その度に以前の話や文脈を読んでいない新たなシモンイスが現れます。シモンイスと決別するにはその世界から出るしかない。これをネットで言えば、そういう人間とは付き合わない、一方的に絡まれるならブロックするしかない。単純な話です。

繰り返しますが、シモンイスと対決できるのは自分一人しかいない。それを他人に求めてくるのは単なる甘えか傲慢さか支配欲(お前ごときが!ってやつ/内への暴力性を他者に転嫁する甘え)でしかありません。その世界にとどまる限り、人は一人の個としてまだ大人の社会に参画していない。

なので、甘えた悪しき子供に「お前ごときが!」と暴言吐かれましても、私としては今日もまた粛々とブロックするだけです。いちいち引用もRTもする気ないです。どうぞ自分の好きな世界で生きていて下さい。自分の中のシモンイスは自分自身で処理してもらうしかないからです。

私は映画を愛してますし、映画を愛する人たちと共にいたいと思っています。ところが、映画を愛するある種の子供っぽい人たち(シネフィル)の抑圧と排除と侮蔑と悪意のパワーゲームに巻き込まれてしまうと、普通に映画を愛する人たちを逆に遠ざけてしまう。これ、みんな分かってるでしょ?

幸いなことに、映画を愛する沢山の人たち共に、奇妙で変わってるけどチャーミングでとっても素晴らしい映画を共に見て楽しむ機会に私は恵まれておりますので、私はそれで十分です。ありがとう。「お前ごときが!」と思われる方はどうぞ別の世界で生きてて下さいね。

シネクラブ20141108

アンスティチュ・フランセ横浜シネクラブ
「女優たちのフランス映画史」

Grand-central11月8日(土)
14時~
『グランド・セントラル』 Grand Central
監督:レベッカ・ズロトヴスキ
(フランス/2013年/94分/カラー/ブルーレイ/英語字幕)
出演:レア・セドゥ、タハール・ラヒム、オリヴィエ・グルメ
http://www.imdb.com/title/tt2835548/
仕事を転々とし、原子力発電所で働き始めたギャリー。放射性物質に最もさらされた、原子炉に最も近いこの場所で、同僚のトニの妻キャロルと恋に落ちる。禁じられた愛と放射能が、ゆっくりとギャリーを汚染していく。毎日が危険と隣り合わせである。
『美しい棘』が2010年のカンヌ映画祭批評家週間部門に出品され、同年のルイ・デリック賞新人賞を獲得したレベッカ・ズロトヴスキ監督の新作。若手を代表する二人の俳優レア・セドゥとタハール・ラヒムの競演。2013年カンヌ国際映画祭「ある視点」部門出品作。
http://www.institutfrancais.jp/yokohama/events-manager/central/

suzanne16時~
『スザンヌ』 Suzanne
監督:カテル・キレヴェレ
(フランス/2013年/94分/カラー/デジタル/日本語字幕)
出演:サラ・フォレスティエ、フランソワ・ダミアン、アデル・エネル
http://www.imdb.com/title/tt2298416/
母を早くに亡くし、強い絆で結ばれた妹とトラック運転手の父親と一緒に暮らすスザンヌ。高校生になったスザンヌは妊娠と出産をする。数年後、新しい恋人ができたスザンヌは子どもを残して消息をたってしまう…。
スザンヌの自由奔放で波乱に満ちた半生と、それを見守り支える家族の姿が、大胆な省略を用いた手法で描かれる。『アデル、ブルーは熱い色』のアブデラティフ・ケシシュ監督が『身をかわして』で見出した若き才能、サラ・フォレスティエの演技が見るものを魅了する。また妹役にはアデル・エネルが競演をしている。2013年カンヌ国際映画祭 批評家週間オープニング作品。

上映後、映画評論家・大寺眞輔氏による講演があります。

http://www.institutfrancais.jp/yokohama/events-manager/suzanne/

一般1200円、会員600円、芸大生無料、同日2本目は一般600円。
当日会場(東京芸術大学馬車道校舎)にて開場時より販売。
開場は各回30分前より。
当日券のみ、前売券の販売はございません。
整理番号順でのご入場・全席自由席

連絡先:045-201-1514

会場:東京藝術大学 (横浜・馬車道校舎)大視聴覚室
〒 〒231-0005
横浜市 中区本町 4-44
http://www.fm.geidai.ac.jp/access
(馬車道校舎)

新文芸坐シネマテーク20140904

本日から新文芸坐シネマテークがはじまります!
第一回は、アブデラティフ・ケシシュ特集!
『身をかわして』『クスクス粒の秘密』上映と私のトークがつきます。
詳しくは、以下のFBページで!

https://www.facebook.com/bungeicinema

アンスティチュ・フランセ横浜シネクラブ20140920

4bb0b03a568f3アンスティチュ・フランセ横浜シネクラブ、次回のスケジュールです。
9月20日(土)
14:00
『三人の結婚』Le mariage à trois
(フランス/2009年/100分/カラー/DVD/日本語字幕付き)
監督:ジャック・ドワイヨン
出演:パスカル・グレゴリー、ジュ リー・ドパルデュー、ルイ・ガレル、アガット・ボニゼール
16:00
『灼熱の肌』Un été brûlant
(フランス/2011年/95分/カラー/35mm/日本語字幕付き)
監督:フィリップ・ガレル
出演:モニカ・ベルッ チ、ルイ・ガレル、セリーヌ・サレット、ジェローム・ロバール、モーリス・ガレル
ルイ・ガレルを主役に迎えたフランス巨匠による二本立て!
とりわけ日本未公開であり、アンスティチュ・フランセ東京で英語字幕付きの上映が行われたのみの『三人の結婚』は、今回の上映のために私が作成したオリジナル日本語字幕付きでの上映になります。
上映後私のトークが付きます。
よろしくお願いします!
—————————-
abhs-poster01当日券のみ。会場にて開場時より販売。一般1200円、会員600円、芸大生無料 (同日2本目は一般も600円) 1本目と2本目のチケットの同時購入可能。開場は、各回30分前より。整理番号順でのご入場・全席自由席。
問い合わせ:045-201-1514
会場:
東京藝術大学 (横浜・馬車道校舎)大視聴覚室
〒 〒231-0005
横浜市 中区本町 4-44

『ヴィクとフロ 熊に会う』

5cd93a04c7c25d518819546133a650b2三大映画祭週間でドゥニ・コテ『ヴィクとフロ 熊に会う』が上映されていて、既に見た方もいるかも知れませんが、これは本当に必見作なので見逃さないように!今年見るべき数少ない作品の一本です。映画の現在の息づかいとはどういうものか、この作品から学べるはず!

ドゥニ・コテは基本的にストーリー依存型の作家ではありませんが、これはかなり物語的面白さもある作品。あんまりネタバレなしに見て欲しいですが、最初の設定だけ言うと、刑務所から仮釈放された初老でレズビアンの女囚と、彼女のガールフレンド、保護観察官、その他の人々が登場します。

彼女たちの過去は仄めかされる程度で殆ど語られないのですが、『テルマ&ルイーズ』のような物語のオルタナティヴなその後といった想像を許す部分があります。激しく暴力的な物語の火が消えた後、その余熱の中で生きてる人々って感じ。

ものすごくスタイリッシュでオフビートなユーモアと皮肉が効いた作品に最初は見えますが、そのスカシた感じが次第に歪み亀裂が生じ変容していくところに最大の見所がある。ポスト北野武で、『湖の見知らぬ男』なんかとも同時代性を感じさせる部分があると私は思う。

ビジュアル的スタイルの完成度は本当に見事で、正面から撮られたストライプの家や壁の前で動物のように無表情な人々がアイスブルーの画面に収まってる感じと言えば良いでしょうか。コテの作家的刻印と言うか、こういうクリーンカットな見事さ、日本の若手作家にも是非見て欲しい!

ただ、そのクールで収まりの良い画面に実はミクロの差異や力の不均衡が既に存在していて、それは言ってみれば、遠くから見れば穏やかな森が近くで見ると激しい暴力と殺戮の場所でもあるって感じ。単にオフビートでスタイリッシュで、というのとは違った現代映画の面白さがそこにはあります。

ドゥニ・コテは、映画批評から監督に転身したケベックの映画作家で、デビュー以来9年間に8本の長編と2本の短編を撮ってます。しかも国際映画祭でいっぱい賞取ってて、なのに日本だと東京国際映画祭で『檻の中の楽園』ってドキュメンタリーが上映されたくらい。ありえない!

『ヴィクとフロ 熊に会う』、現在日本で上映中!是非見て! http://sandaifestival.jp/movie3.html

『ヴィクとフロ 熊に会う』予告編 https://www.youtube.com/watch?v=TmX11-CUeR8