Archive for the ‘つれづれ’ Category

早すぎた人々

まず理念として、映画批評はアートだと私は思ってます。それはつまり、それそのものとして面白いし素晴らしいのであって、何かの役に立つ必要はないし、役に立たない。もちろん、映画を見たりその批評に触れることで、映画を見る目が養わ […]

Read the rest of this entry »

メモ20130109

2013.01.07 大会社の人間がことあるごとに下請け脅すのは、殆ど癖のようなもので自覚もないんだけど、同じ事がネットの人間にも言えて、ちょっとした意見の違いや立場の相違から相手の人格まで否定をしなくちゃ気が済まなくて […]

Read the rest of this entry »

女性監督からはじまったあれこれについて

キャスリン・ビグローというのは、アクション映画監督としての自らの才能とコントロバーシャルな題材をタイムリーに取り上げるプロデューサーとしての資質を兼ね備えた存在で、だからあれほど話題になりアカデミー賞も獲りアメリカの女性 […]

Read the rest of this entry »

雑文110916

ネットで広まり一気に人が集まるデモやイベントの対応に警察が苦慮している、みたいな記事が産経に載ってましたけど、この粗雑な括り方はむしろネット時代に対応できない旧メディアの体質を典型的に露呈しているように思う。 http: […]

Read the rest of this entry »

学校と一般社会についての雑記

さて、学校と一般社会について、[一般論として]幾つかの私見を記しておきたいと思います。 学校は、名目上、若者を教育する場としてあります。研究者・教育者の社会的保持という目的もありますが、これはやはり副次的なものだと考えま […]

Read the rest of this entry »