告知100610

la_fille_coupee_en_deuxまず、シネクラブの告知です。

今週末6月12日(土)は、横浜日仏学院シネクラブです。
@東京藝術大学・馬車道校舎。
シャブロル特集第3回として、2007年作品『まっぷたつの少女』La fille coupee en deuxを上映します。

リュディヴィーヌ・サニエ、ブノワ・マジメルといった豪華スターを配したこの作品は、女一人男二人による三角関係を描いたラブロマンスであり、登場人物たちのキャラクターの微細な探究であり、そしてシャブロルとしてはいつものように、危うい均衡が一気に崩れるまでの緊張感を追求したサスペンスでもあります。

華やかで、面白くて、物語的にも深みのあるこの作品が何故日本で公開されていないか全く理解できませんが、ともあれ、スクリーンで味わうことのできる、おそらく日本では初めてのチャンスになります。
英語字幕ですが、詳細な日本語あらすじも作成しておきます。
是非、シャブロルの素晴らしさを堪能していただき、周りのお友達にも広めてください。

上映後は、わたしの方でいつものようにトークを担当させていただきます。
今回もまた、DVDによる参考上映付き。
どうぞ、よろしくお願いします。

詳細は、以下のサイトもチェックしてください。
http://www.institut.jp/ja/evenements/9786

20010年06月12日(土) 18時00分-21時00分
会員 : 600円
一般 : 1,200円
芸大生:無料
場所 : 東京藝術大学(横浜・馬車道校舎)大視聴覚室
お問い合わせ
横浜日仏学院(045-201-1514)

『まっぷたつの少女』La fille coupee en deux
(フランス=ドイツ/2007年/115分/DVD/カラー/英語字幕付き)
監督・脚本:クロード・シャブロル
出演:リュディヴィーヌ・サニエ、ブノワ・マジメル
テレビ局のお天気キャスターのガブリエルは、著名な初老の小説家シャルルと不倫の恋に落ちる。一方、彼女に言い寄ってくる大富豪の息子ポールがいて…。

上映後、大寺眞輔による講演あり。

51Zpj8AIIdL._SS500_それと、現在発売中の「キネマ旬報」2010年6月下旬号 No.1559号で、ジョニー・トー監督最新作『冷たい雨に撃て、約束の銃弾を』評を書いています。
妙な書き方をしておりますが(笑)、なかなか楽しいのではないかと思いますので、どうぞよろしくお願いします。

http://www.kinejun.com/kinema/index.html

あと、次号の「buku」では、『セックス・アンド・ザ・シティ2』について書きました。
面白い文章になってると思います。
こちらの方も、どうぞよろしく。
また、映画館などに並ぶ頃になったら改めて告知するつもりです。

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can skip to the end and leave a response. Pinging is currently not allowed.

コメントをどうぞ

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>