ありがとうございました100613

本日、横浜日仏学院シネクラブにお越しくださった方々、どうもありがとうございました。
前回よりさらにたくさんの方に来ていただけて、びっくりしました。
嬉しかったです。
どうもありがとう。

ただ、トークの方は、いつものように準備しすぎのため仕方ないとは言え、予定していた内容の3分の1も消化することができず、ひたすら残念でした。
しかも、今日の場合、早く帰ってW杯アルゼンチン戦を見なくてはいけない(笑)という個人的な思惑もあったため、無茶な延長もせず、終了後は急いで家に帰ってしまいました。
トーク内容などで質問等ございましたら、申し訳ありませんが、メールなどでいただければと思います。
すいません。

因みに、わたし宛にメールを送るには、このページ上にあるメニューから「NETWORKING」「CONTACT」と選んで、表示されたフォームに入力していただければ届くはずです。
よろしくお願いします。

次学期のシネクラブは、8月の夏休みを挟み、7月と9月に開催します。
今回は、女性映画監督特集です。
7月は、現在『あの夏の子供たち』が絶賛公開中ミア・ハンセン=ラブの処女作『すべてが許される』、そして9月にはアニエス・ヴァルダの『5時から7時までのクレオ』を、こちらは日本語字幕付き35ミリプリントで上映予定です。
どうぞ、よろしくお願いします。

7月24日(土)18時
『すべてが許される』Tout est pardonne, 2006
監督:ミア・ハンセン=ラブ

9月11日(土)18時
『5時から7時までのクレオ』Cleo de 5 a 7, 1962
監督:アニエス・ヴァルダ

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can skip to the end and leave a response. Pinging is currently not allowed.

コメントをどうぞ

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>