映画雑記100709

christmas_in_july『七月のクリスマス』プレストン・スタージェス

見るの何度目でしょうか。
見る度に感動する。
こういう作品見て、アメリカとアメリカ映画と映画のことを大好きにならない人間がこの世に存在するとは信じ難いです。
コーヒー会社の広告コンテストに応募した青年が、友人に騙されて一等賞もらったと思い込むことから始まる騒動を描いた作品で、68分という上映時間からも分かるように、きわめてシンプルな構造になってますけど、それでも素晴らしい場面がギッチリ詰まってる。
監督処女作にして、スタージェスの美点を既に存分に味わうことができます。

賞金を受け取りに来たカップルを祝福しつつ集まってくる女性秘書たちの表情とか、青年が幸福をお裾分けしようと車に贈り物をいっぱい詰めて地元の隣人たちのところに行く場面とか、ああいうのはもう問答無用に感動するし。
無際限な幸福感に満たされた場面の背後に、軽くシニカルな冷静さを漂わせる辺りのさじ加減も抜群。
塩をひと匙加えることでプリンは一層甘くなるというおばあちゃんの知恵ですよ(笑)。
こういうの、分かってる人少ないんだ。

広告業界と貧困にあえぐストリートの人々を対比的に描きつつ、信用経済の問題点を正確に射貫いている辺り、1940年の作品でありながら、完全に現代的なテーマを持つ作品だと言って良いです。
まあ、マイケル・ムーアの『キャピタリズム』というタイトルは、実のところ、プレストン・スタージェスのフィルモグラフィを形容するためにこそ使われるべき言葉であるわけですけど。
にしても、トップ掲載した写真の少女たちの表情見てくださいよ!
こんな素晴らしい顔が映画史から奪われて、一体どれだけの年月が経ったことでしょうか!

見てない人は今すぐ絶対見なきゃいけない。
今すぐこれ見て、この世界には映画とかアメリカ映画とかアメリカという素晴らしいものがあるんだと友達に熱狂的に話さなくちゃいけません。
そういう気持ちにさせてくれる映画です。
と言うか、毎年7月には『七月のクリスマス』かベッケルの『七月のランデブー』見ないとダメだな。

blind_date『狙われた男』ジョセフ・ロージー

これまた、すっごい低予算ですっごいシンプルに作られた作品。
59年のイギリス映画ですけど、飛び跳ねるようにバスから降りてきたハーディ・クリューガーがとある部屋に入ってジャズを大音量でかけるまで、完璧にヌーヴェル・ヴァーグとしか思えない画面展開にビックリします。
こんな溌剌としたロージー作品があったなんて、と驚いていたら、そこから後はいきなり濃厚にロージー節が炸裂するし(笑)。

簡単に言うと、オランダから出てきた貧乏で真面目で(女性にちょっと苦手意識を持ってツンケンしている)画家のクリューガーが年上のお金持ち女性にボーイハントされ、純粋な彼はすっかり舞い上がってしまうが、実は…、というような話。

殺人事件の容疑者となるクリューガーと彼を取り調べる刑事であるスタンリー・ベイカーによる縦の関係、そして、警察内部にも二重三重の階級関係があり、女性と男性の間にも権力闘争があって、といったような実に重層的な権力関係が網の目のように展開していく作品となってます。

まあ、そのあたりはいつものロージーである訳ですけど、その中で、どこか最後まで軽やかさが残るのがこの作品の特徴でしょうかね。
クリューガーとスタンリー・ベイカーなんて、なんだかルパン三世と銭形警部に見えてきますし(笑)。

フィルムノワールの定石だと、敵の罠が張り巡らされた場所にノコノコやってきた主人公は、必ず頭にガツンと一発食らわされて意識失ったり混濁していったりするものなのですけど、それが一切ないというのも大きい。
頭にガツンどころか、クリューガー君、警察に花さし出したりするし。
その辺りのスッキリぶりが、この作品をありがちなノワールから遠ざけている大きな要因になってると思いますね。

女性に関わると碌なことないよっていつものパターンの作品と見せつつ、でも、実はラストの背景で、あれれ、でも、この男の子はきっとこれからまた別の良い出会いをたくさん経験していったりするんだろうな、とか思わせる演出してますし。
ああいうのって、あらすじとか普通の映画紹介とかには絶対入ってこない(と言うか、気付いてさえもらえない)実に些細な部分なんですけど、実は映画にとって一番大切な部分の一つであったりもします。

重量級の多いロージーの中では、軽く楽しめるという実にめずらしい作品の一つです。
で、実際、すっごく楽しい映画になってる。
ロージー自身は、この作品から始まった2度目のブラック・リスト問題で大いに悩まされることになったわけですが、作品自体は奇妙な明るさと健全さに満ちてる。
とっても面白い映画です。

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can skip to the end and leave a response. Pinging is currently not allowed.

コメントをどうぞ

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>