第14回 カイエ・デュ・シネマ週間

14th_cahiers_week東京日仏学院で開催される、第14回カイエ・デュ・シネマ週間のスケジュールがアップされました。
今回も非常に素晴らしい作品ばかりです。

とりわけ、フランスで見てきたクレール・ドゥニの『ホワイト・マテリアル』は絶対必見であると太鼓判が押せますし、クリストフ・オノレやラリユー兄弟、アラン・ギロディの最新作など、これからのフランス映画を背負って立つ作家たちの作品が目白押し!
それに、監督としても実に興味深い作品を作っているマチュー・アマルリックの特集がメインでプログラムされています。

クロード・シャブロルの死に際し、追悼の意を少しでも感じるような映画ファンの皆さんであれば、シャブロル作品をこれからも見ていくことは勿論、こうした現役作家たちの映画にもまた積極的に触れていく必要が絶対あるはずですね。
それともみなさんはまた、いつか訪れるであろう彼らの死に際し、残念だ、作品を見ることができなかった、などとお馴染みの追悼を繰り返すつもりなのでしょうか?

いや、そんなことあるわけないです。
映画のために、そして自分自身の楽しみのために、飯田橋に通いましょう!

第14回 カイエ・デュ・シネマ週間 マチュー・アマルリック特集
http://www.institut.jp/ja/evenements/10213

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can skip to the end and leave a response. Pinging is currently not allowed.

コメントをどうぞ

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>