ありがとうございました110416

昨日の『北の橋』@横浜日仏学院シネクラブにお越しくださった方々、本当にありがとうございました。
余震が続く中、どれだけのお客さんに来ていただけるか正直心配だったのですが、多くの方に参加していただけてとても嬉しかったです。

トークでは、時間の制約上用意した素材の半分もお見せすることが出来ず、中でもマックスのネタと竜のネタに触れることが出来なかったのはとても残念でしたが、ああして多くの方が今リヴェットを見るという行為そのものの内に、「マクシマムなマックス」(詳細は本編参照)への抵抗と連帯が示されていると確信しました。

しかし、今回は映画が2時間あるので分量抑えめで準備していこうと思ったのですが、ちょっと無理して延長させてもらってなんとか1時間話して、それであれだけかあ。
シネクラブ初期の頃は、割と平気で2時間以上話したりとかしてましたが、まあ、それくらいやんないと本格的に内容カバーできないですよね。
でも、そういう訳にもいかないし、お客さんも疲れるでしょうし。
長年シネクラブやってますけど、まだまだ試行錯誤が続いてます。

ところで、例の作品への言及を話に織り込むことができて良かったです。
それが何の作品かってのは、昨日来ていただいた方々だけの秘密って事で。

次回シネクラブは、来月5月14日(土)18時よりジャン・ルノワール監督の『獣人』を上映します。
こちらも、どうぞよろしくお願いします。
http://www.institut.jp/ja/evenements/10633

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can skip to the end and leave a response. Pinging is currently not allowed.

コメントをどうぞ

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>