『探偵』

detective_26月18日(土)18時より、横浜日仏学院シネクラブを開催。
今回は、フィルムノワール特集の第3回、ジャン=リュック・ゴダール監督作品『探偵』を日本語字幕付きで上映します。

『勝手に逃げろ/人生』で商業映画に復帰後、『パッション』や『カルメンという名の女』『右側に気をつけろ』など、矢継ぎ早に傑作を送り出していた80年代ゴダール作品であり、『メイド・イン・USA』などと共に、彼が最も愛する犯罪映画のジャンルに直接オマージュを捧げた作品でもあります。
また、トリュフォー死後、精神的に困難な状況にあったジャン=ピエール・レオーをスクリーンに連れ戻したことでも忘れがたい作品であるのではないでしょうか。

会場は、東京藝大の横浜馬車道校舎。
上映後には、私の方でトークを担当させていただきます。
どうぞ、よろしくお願いします。

2011年06月18日 (土) 18時00分 ? 21時00分
会員:600円
一般:1,200円
芸大生:無料
お問い合わせ: 横浜日仏学院(045-201-1514)

フランスのフィルム・ノワール特集

『探偵』
(フランス=スイス/1984年/95分/DVD/カラー/日本語字幕付き)

監督:ジャン=リュック・ゴダール
出演:ナタリー・バイ、ジョニー・アリデー、ほか

パリのサン・ラザールにあるコンコルド・ホテルに宿泊する4組のグループ。探偵プロスペローと甥イジドールとその恋人。パイロットの夫エミールとその妻フランソワーズ、ボクシングのプロモーターのジム。さらに、ジムから金を取り立てようとするマフィアのファミリー。そこに思いがけない殺人事件が起きる…。
「フィルム・ノワールとは永遠の探求であり、それはまた映画の別名であるとゴダールは明かす。」(大寺眞輔)

上映後には映画評論家の大寺眞輔氏の講演があります。
詳細や会場の地図は、以下のサイトをチェックしてください。

http://www.institut.jp/ja/evenements/10635

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can skip to the end and leave a response. Pinging is currently not allowed.

コメントをどうぞ

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>