『ハンズ・アップ!』

les-mains-en-l-air-goupil今週末、9月10日(土)午後6時より、横浜日仏学院シネクラブを開催します。
今回は、昨年の東京国際映画祭で上映され、大きな話題を呼んだロマン・グーピル監督の『ハンズ・アップ!』を上映します。

これはホントに良い映画!
掛け値なしの傑作です!
しかも、一部の映画オタクが持て囃して終わりというものではなく、多くの人に見てもらいたい映画。
楽しさと喜びに満ちあふれた素晴らしい作品です!
子供たちの生き生きした姿をスクリーンで見つめているだけで、たまらなく涙が出てくるでしょう。

しかも、今回は東京国際映画祭のご協力をいただいて、日本語字幕付き35ミリプリントで上映できることになりました!
この傑作を、日本のスクリーンで次いつ見ることが出来るか分かりません。

是非、普段シネクラブにくるほどではないけど、映画は好きだというお友達やご家族と一緒に見に来てください。
絶対、後悔させませんから!

ちなみに、東京国際映画祭で上映された際、当サイトでも大騒ぎしたのですが、その記録がこちらです。
http://blog.ecri.biz/?p=1261

会場は、東京藝大横浜馬車道校舎です。
どうぞ、よろしくお願いします。

2011年09月10日 (土) 18:00
会員:600円
一般:1,200円
芸大生:無料
お問い合わせ: 横浜日仏学院(045-201-1514)

『ハンズ・アップ!』
(フランス/2010年/92分/35ミリ/カラー/日本語字幕付き)
出演:ヴァレリア・ブルーニ・テデスキ、リンダ・ドゥデヴァ

ミラナは、チェチェン共和国からの不法移民家族の小学生の女の子。居住権を持たないため、強制送還されることを恐れている。彼女を守るため、仲良しグループが大人を相手に大作戦を敢行する。
フランスの抱える社会問題に鋭く切り込んだテーマでありながら、子どもたちの姿を生き生きと描いた作品。2010年カンヌ映画祭特別上映作品。

上映後、映画評論家の大寺眞輔氏による講演がございます。

詳細や会場の地図は、以下のサイトをチェックしてください。
http://www.institut.jp/ja/evenements/11077

les_mains_en_lair

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can skip to the end and leave a response. Pinging is currently not allowed.

コメントをどうぞ

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>