牡蠣は喜び

牡蠣フライ10月になりました。
ようやく、待ちに待った牡蠣フライの季節がやって参りました。
去年、一体何度これを食べに通ったことか。

いや、雑誌に掲載された有名店であるとか、ミシュランがどうとか、そういうのでは全くありません。
一年ちょい前にできた、近所のとんかつ屋さんの話です。
でも、この手の料理って、わざわざ遠くまで食べに行くものだとは思えないし。
近所だからこそ、価値がある。
意味がある。

ただ、ここの主人、どうやら広島出身の方らしく、脱サラして東京に来てこの店を開いたとのことなのですが、向こうと太いパイプでつながっているそうで、そこらの定食屋ごときじゃちょっとあり得ないレベルの広島産牡蠣を産地直送で入荷するのです。

おっきくて、新鮮。
プリプリしてる。
ジューシー。
牡蠣フライ4個が付いた定食で、だいたい1300円程度なのですが、この牡蠣1つあればほぼご飯一膳のおかずになってしまうと言えば、王将芸人の皆様方には、その巨大さを分かっていただけるのではないでしょうか。

牡蠣は喜び。
牡蠣は音楽。
牡蠣は生命。
今年の冬もまた、せっせと通わせていただこうと思います。

ジム日記。
読みたい人がいるかどうかは知りませんが、ジム日記です。

土曜日にジムに行ったの、たぶん今年になってはじめて。
…だと思ってましたが、今調べたら、5月3日の土曜日に一度だけ行ってました。
でも、この日は祭日で、特別に組まれたプログラムに参加するためだったみたいですから、まあ、普段の土曜日としては、今日が今年はじめてだったわけです。

キックボクシングを30分やって、1時間トレッドミルで走って、そのあと30分間、ファットバーナーというレッスンに出てきました。
10月に入って新しくなった、このファットバーナーというクラス、異様にスクワットばかりさせる振り付けになっていて、そのため、今日はついに足がつってしまいました。
ランニングしてから出るクラスじゃないかも。

めざせ、2ヶ月で2kgの減量!
少しずつダイエット脳になってきました。

…と言うのも、実は昨日の「金曜たぶろっど!」、楽屋トークの中で、わたし以外にあとお二方までもが、なぜか全く同じ2kgの体重アップをこの夏にやらかしてしまったという話で盛り上がったからです。
それがどなたのことであるか、本人の名誉のため、ここでは申し上げることができませんが。

恐るべし、2kgの呪い!
なんなのでしょう?
毎週毎週、楽屋に差し入れていただいている、あの甘美で魅惑的なスイーツの数々が、私たちをして、このような惨めな失態を演じさせてしまったのでしょうか?

いや、手遅れになる前に気づいて良かった。
このあと、忘年会、寝正月、新年会と、メタボリックイベントが連続するその前に、何とか半年前の体型に戻しておかなくてはなりません。

映画祭のシーズンですけど、芸術の秋、映画の秋ですけど、そんなの関係ないよ!
微妙に「よ!」とか付けるあたり、旬を過ぎた小島よしおの罠を回避しようとする、その姑息さが我ながらイヤだよ!
いや、本当は関係なくないけど、忙しいんだけど、でも、とにかくダイエットですな。
みなさんも、いっしょにダイエットの秋にしましょう。

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can skip to the end and leave a response. Pinging is currently not allowed.

コメントをどうぞ

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>