『デュエル』

duelleシネクラブのためにジャック・リヴェット『デュエル』を再見。
面白い面白い面白い!
超面白い!
リヴェットが難解だってのは全くの嘘で、本当に刺激と興奮に満ちた楽しい楽しい映画なんだけど、それはちょっとしたヒントが見る側に必要かも知れない。

そのヒントってのはでも、何かを見つけるためじゃなくて、何かを見つけさせない自分の中の「壁」を打ち壊すためのもの。
その「壁」さえ壊れれば、その向こうには広大で肥沃な映画の大地が広がっている。
そしてそれは現在私たちがいる場所まで地続きである。

だからこそ、現在映画を見るために、現在映画を作るためにリヴェットを再見しなくちゃいけない。
そしてそれは、ものすごく面白い「お勉強」である。
「お勉強」が苦行だってのは学生時代で終わりなんです。

リヴェットのこの辺の作品も、誰もやってくれないなら、またそのうち自分で字幕付けようかな。
でも、フィルムじゃ無理だから、その意味でも今回の『デュエル』35ミリプリント上映を見逃さないで!
それに加えて、いつか将来の日本語字幕付き上映を期待して欲しいです。

ぶっちゃけ、今回の上映でお客さん少なければ、こっちも字幕作るの後回しにせざるを得ないしね!(笑)
『パリはわれらのもの』日本語字幕付き&『デュエル』35ミリプリント上映って、その意味でもなかなか素晴らしい組み合わせだと思うんだけど。
次につながる上映会って意味で。

——————————————-
2013年5月18日(土)
14:30 『パリはわれらのもの』
17:00 『デュエル』
終映後、大寺眞輔のトークあり

1,200円(14時30分の回をご覧になった場合、17時の回は600円)、会員600円、芸大生無料、各回入替
Tel: 045-201-1514
Fax: 045-201-7660
会場:東京藝術大学 (横浜・馬車道校舎)大視聴覚室

http://www.institutfrancais.jp/yokohama/events-manager/paris-nous-appartient/
http://www.institutfrancais.jp/yokohama/events-manager/duelle/

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can skip to the end and leave a response. Pinging is currently not allowed.

コメントをどうぞ

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>