ニーメラー風に

資本主義がアート映画を踏みにじった時、シネフィルをいけ好かない連中だと思った私は行動しなかった。資本主義が作家映画を踏みにじった時、映画は見世物だと思った私は抗議しなかった。資本主義は最後に娯楽映画を踏みにじった。私は抗議したが時すでに遅かった。

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can skip to the end and leave a response. Pinging is currently not allowed.

コメントをどうぞ

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>