『The Imposter』

『The Imposter』(2012)バート・レイトン:現代版「マルタン・ゲールの帰還」+『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』+αって感じで、これが実話だとはにわかに信じがたいほど話が面白い。ロットン・トマトで95%評価のドキュメンタリー作品。

テキサスで失踪した13歳の少年ニコラスが3年後スペインで発見される。ブロンドで青い目をしていた彼は黒髪で茶色の目になっていた。しかし、彼を見た家族の誰もがそれをニコラスだと信じて疑わなかった。って話で、最後までこれは一体何が起きているんだろうと興味が尽きません。

「ニコラス」として家族の前に再び現れたその男へのインタビューを中心に、再現ドラマも織り交ぜ、奇妙きわまりない事件とそれに関わった人々の人物探求が深められていく中、後半にはさらにもう一つの謎と深い闇が浮かび上がってくるって感じ。いやあ、ホントに面白い話だ!

映画後半には初老の私立探偵が登場して実に良い味出してますが、これ、このままフィクション化して監督良ければとても面白い映画になると思いますね。あ、関係者が生きてるうちはまだ難しいかな。でも、すごい素材!まさに、アメリカン・ゴシックってやつ!

『The Imposter』(2012)予告編 http://www.youtube.com/watch?v=-kzHzFNgLhY

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can skip to the end and leave a response. Pinging is currently not allowed.

コメントをどうぞ

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>