『クソ野郎ども』

Les_Salauds『クソ野郎ども』
監督:クレール・ドゥニ

初めてクライムサスペンスに挑戦したという、オールスターキャストによるドゥニの最新作。『ガーゴイル』のスリラー版って感じ。100万回は作られたであろうフランス製タフガイストーリーですが、ドゥニなので随分趣きは違う。

家庭生活からドロップアウトしていたタフガイが、ブルジョワのクソ野郎によってその家族を破壊され、復讐に戻ってくる。彼はその愛人に取り入ることから始めるが、ってストーリー。なんですけど、いつものように断片的な描かれ方なので必ずしも明瞭じゃないです。

ドゥニのスタイルって、要するにタガが外れ物語を喪失した現代世界の混迷を、そのポストモダンな断片性とディテールの積み重ね、そしてメランコリックな雰囲気の中で描こうとするものだと言える。だから一番やりたいのは『侵入者』とか『ホワイト・マテリアル』の系譜でしょう。

この作品は比較的ストーリーのある方だけど、それでもやはり既存のジャンルであるスリラーの脱構築を狙って作られている。で、実はこういうドゥニのスタイルって、最近の米インディペンデント作品にかなり影響を与えていると思う。実際、アメリカですごく評価高いんですよ。

ヴァンサン・ランドン、キアラ・マストロヤンニ、ミシェル・シュボール、アレックス・デスカス、グレゴワール・コラン、ローラ・クレトンなど豪華キャストに加えて、撮影はアグネス・ゴダール、音楽はティンダースティックスで、雰囲気はやっぱ最高だよ!

『クソ野郎ども』Les salauds (2013)予告編 http://www.youtube.com/watch?v=D__eY2cVF5k

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can skip to the end and leave a response. Pinging is currently not allowed.

コメントをどうぞ

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>