M1 2009

個人的には、たいへん納得のいく結果でした。
昨年のグランプリが(実力はともかく)全く華のないサンドウィッチマンだったので、今年の決勝ではスター性を買ってオードリーでも良いんじゃないかと思いましたが、ちょっと2番目のネタがいまいちでしたね。

あと、その辺の空気を読まないのも、この番組の特徴と言うことで。
それはそれで、潔くて良いです。

以前にも書きましたけど、彼ら、ボケ&ツッコミを担当する若林と春日を担当する春日という、実に斬新な組み合わせによる漫才で、最初のネタでやったように、ツボにはまると最強の面白さだと思うのですが、実はそれ以外の幅とか展開があまりなくて、とりわけ、漫才の面白さなんてまるで分かっちゃいない(王様のブランチ出演者のような)お客を前にネタをやらなければいけないときなど、かなり苦戦する傾向をこれまでにも感じていたのですが、そのへん、ファイナルで審査員に読まれちゃったような気がします。

まあ、端的に言って、経験が足りないってことになるのでしょうけど、オードリーの場合、経験を重ねる前に急速に飽きられちゃったり、あるいは、芸が荒れたりしないかやや心配。
ただ、得体の知れない大物感だけは、今回の参加者の中でもずば抜けて持ち合わせていると思うので、まだまだこれから売れていくに違いないですし、売れる過程で芸が磨かれる可能性も大いにあるのではないかと。
その辺の可能性に賭けても良いのでは…と思いましたけど、まあ、それをしないのが…(以下、繰り返し)。

ちなみに、「金曜たぶろっど」で共演させていただいた小段さんがオードリー若林と学生時代からのお友達だそうで、それによると、若林は、友達からジャリというあだなで呼ばれているらしいです。

NON STYLEは、はじめて見たのですけど、めちゃくちゃ面白かった。
うまいし、若さ・新鮮さも感じるし、勢いもあるし、総合点では文句なくトップでしょう。
はんにゃの上位版って感じもします。
M1獲って、これからどれだけ勢いを掴むことができるか、って感じ。
ただし、まだ顔を覚えられてないんですけど。
これ書きながら、すでにはんにゃとごっちゃになってるし(笑)。

ナイツは、いかにも浅草芸人って空気を持ってますね。
爆発力とか新鮮さはないですが、安定して面白いです。
なんか、ベテランの存在感がある。
長く活躍しそう。

ファイナルに進出できなかった組では、やっぱ笑い飯が惜しかったなあ、と。
U字工事は、こういうの、好きになれないので。
ダイアンは、うーん…。
モンスターエンジンは、オードリーに次いでスター性持ってると思うのですが、漫才の呼吸がまだまだ。
キングコングは、体動かさないネタだと全く笑えない。
ザ・パンチは、今回だけではなくて、いつも全く面白いと思えないし、スピードワゴンと並んでどうも生理的に合わない。

全体的にレベル高かったと思います。
面白かった。

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can skip to the end and leave a response. Pinging is currently not allowed.

コメントをどうぞ

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>