2009年の予定

masquesとりあえず、決まってるものだけ。

1月の横浜日仏学院シネクラブでは、クロード・シャブロル監督が87年に撮った作品『マスク』を上映します。
シャブロルのヒッチコキアンぶりがよく分かる、スリルとサスペンスと巨匠らしい余裕に満ちた、テクニック満載で華やかで、とても楽しい作品。
お正月にふさわしい映画だと思います。

上映後には、青山真治監督をゲストにお迎えしたトークショウも開催します。
『マスク』のこと、シャブロルのことはもちろん、新年を彩る映画放談のようになればいいなあ、と考えています。

2009年1月24日(土)18時より。
東京藝術大学・馬車道校舎にて。
詳細は、以下のサイトをご確認ください。
http://www.ifjtokyo.or.jp/agenda/evenement.php?evt_id=1260

また日程が近づいてきたら、あらためてご紹介させていただく予定ですが、どうぞよろしくお願いします。

2009年の「金曜たぶろっど!」は、1月9日からです。
こちらも、よろしく。
最初の放送では、ソダーバーグの2部作『チェ 28歳の革命』と『チェ 39歳別れの手紙』をご紹介する予定です。

それと、先日ここに書いた「たぶろっど」お正月映画特集で紹介した6本の作品とは、以下の通りでした。

<男たちの映画>
ジェームズ・グレイの『アンダーカヴァー』。
ジョニー・トーの『エグザイル 絆』。
<ベテランの味わい>
イジー・メンツェルの『英国王給仕人に乾杯!』。
シドニー・ルメットの『その土曜日、7時58分』。
<人間模様>
セドリック・クラピッシュの『PARIS(パリ)』。
熊切和嘉の『ノン子36歳(家事手伝い)』。

金曜日のゴールデンタイムに放送されるTV番組で紹介した映画のリストとしては、なかなかのものになってるのではないでしょうか。

そうだ。
これまでに「たぶろっど」で紹介した映画の一覧、この機会にまとめておこうかな。
時間あったら、明日にでも。

もう一つ。
早稲田大学の教育学部複合文化学科というところで、2009年度から複合文化学特論9というコマを持つことになりました。
これも、授業開始が近づいてきたらまた告知しようと思いますけど、どうぞよろしくお願いします。

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can skip to the end and leave a response. Pinging is currently not allowed.

コメントをどうぞ

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>