それゆけR佳先生!PART3

わしは、その映画を見に行くことになっとる、と。
「はあ?」

本日の「金曜たぶろっど!」生放送中、舞台袖での出来事です。
その映画とは、わたしが先週紹介したオダギリジョー主演某作品のこと。
わたしに話しかけているのは、サイテー先生として当サイトではすっかりお馴染みの経済評論家K木R佳さん。
そのサイテー伝説PART3です。

「先生、見に行くことに決まっているとはどういうことですか?そして、それがわたしと何の関係が?」
いや、××出版社の人と話していて、この映画に興味があると言うんじゃな。相手が。それで、ああ、その作品ならチケット持ってますよと言ってみたところ、相手、興味示すじゃないか。そういうわけで、わしら二人でこの映画、見に行くことになったんじゃ。

「へぇ、そうなんですか。チケット持ってたんですか?」
持っとらん。

「え、じゃ、これから買ってくるんですか?」
いや、先週、チミがこの作品を番組で紹介して、チケットプレゼントが出されておったじゃないか。あれ、2枚もらうのじゃ。

「先生、それ、サイテー。この番組のプレゼント不法入手して、それ使って出版社の人とデートして、その流れでなんなら、うまいこと自分の本まで出させようって腹なんでしょ?」
うむ、そうじゃ。
だから、わしにくれ。

「先生、そんなの番組が管理してるに決まってるじゃないですか。わたしの一存で先生にあげられるわけがありません。それに、どうせまた相手編集者も男なんでしょ?」
うむ、そうじゃ。

「先生、あなた、いま、世にもサイテーなこと言ってる。自分の私利私欲以外何ものでもない目的のために、別の職場でのポジション利用しようなんて。少なくとも、自腹でチケット買うのが、この場合せめてもの良心、と言うか、人の道でしょう。」
ただで手に入るかもしれないものに金出す気は毛頭ないぞ。

ああ、K木先生、それがあなたのトクトク人生ですか!?
あなたはホントにサイテーな人だ(笑)。
いつしか、一周回って先生のトンデモぶりを笑えるようになってしまった、自分の慣れってやつも怖いのですが。

ちなみに、過去のサイテー伝説はこちら。
当ブログ人気記事の一つです(笑)。

R佳先生サイテー伝説PART1
http://blog.ecri.biz/?p=179
R佳先生サイテー伝説PART2
http://blog.ecri.biz/?p=209

ここまで情報開示するか!と思われる方もいらっしゃるのかも知れません。
けど、違います!
実は、もっともサイテーにして最悪最凶なK木先生の伝説を自己規制して書いてないのですよ!!

ああ、書きたいっ!
でも、これだけはさすがのわたしも書くことができません。
あまりに…
あまりに酷い…
酷すぎます!!

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can skip to the end and leave a response. Pinging is currently not allowed.

コメントをどうぞ

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>