吉祥寺日記 090316

15日の日曜日は、吉祥寺で一日ブラブラしてました。

まず、村松友視邸近くにある老舗酒屋の「大阪屋」へ。
岩倉や黒木の焼酎を関東で最初に力を入れて紹介した酒屋さんであるとのこと。
店内には、古びた手書きのポップが貼られており、お勧め焼酎として、月の中、くらら、百年の孤独などの文字が書かれています。
もちろん、今ではお勧めされても、実物がないのでなかなか買えないんですけど。

まだ、誰もその名前を知らなかった頃、宣伝のため店のトラックに百年の孤独と印刷してみたところ、その後、あれよあれよという間にプレミア化が進み、そのトラックを運転する度、百年売ってくれと寄ってくる客が後を絶たなかったそうです。
いろんな人のコラムなんかで、何度も名前を目にしたことがあり、前から一度は行ってみたかった店でした。

奥さんが気さくな方で、いろいろと話が弾む。
百年の孤独がガルシア=マルケスなのはもちろん、野うさぎの走りはやっぱり中沢新一の著書から取られていたこと、それに、山ねこもヴィスコンティの映画から取られたことなどをお伺いしました。
今週の休日には、宮崎まで岩倉酒造を見学しに行かれるそうです。

因みに、野うさぎの走りはこの店で普通に買うことができますよ。
あと、プレミア価格では4万円前後で売られている某焼酎が定価ちょいくらいで置かれていましたけど、その値段でも結構なものなので、わたしには手が出ませんでした。
正直、蔵元での値付けがどうかと。
気になる方は、大阪屋へGO!

わたしは、き六無ろ過を購入しました。
でも、これ書きながら飲んでいるのは、鷲尾です。
鷲尾、ちょうど一升瓶が空いたところ。
昨日は、池の鶴も終わりになりました。
明日、季節限定品の某焼酎を買って来なきゃいけないからね。

続いて、吉祥寺駅北口から荻窪方面に少し行った場所にある「SEINA CAFE」へ。
ここも、知る人ぞ知る有名店ですね。
2時頃だったにも関わらず、次から次へとお客さんが訪れ、そのほとんどが満席のため帰って行くような状態。
機会損失も甚だしいなあと思って見てましたが、たった2人で切り盛りする小さな店である上、一つ一つのオーダーに対してものすごく手をかけて丁寧に調理・配膳するので、実質的に言って、あれ以上お客さんを入れても対応できないかも知れません。

ランチセットを注文。
モッツァレラチーズとトマトソースのパスタの上に、山ほどサラダが盛りつけられたもの。それに、デザートとしてチーズケーキとエスプレッソまで付いて、たったの1060円。
安すぎです。
あと、チーズケーキ、わたしはクリームチーズのプディングを注文しましたけど、めちゃくちゃ美味しかったですよ。

店内は、2~3人用のテーブルが5つとカウンターのみ。
1人で行ったのに、嫌な顔一つされず空いたばかりのテーブル席に通していただきました。カウンターもギチギチに詰め込んだりせず、10人がけで4~5人入れる程度。ちゃんと荷物置きのスペースを残している感じです。
矢野顕子の曲がいつも流れているのも、とても雰囲気良い。

その後、ハーモニカ横町であれこれお買い物。
鯛焼きも買って、家に帰って食べました。
おいしい!
あの辺の立ち飲み屋で軽く飲んでみたい。
今日も、実はそうしようかと思ってて、でも、夕方にはまだ店内それほど混んでもなかったから、じゃ、帰りに寄るかと考えていたのですが、甘かった。
用事済ませて帰る頃には、もう人であふれかえってましたね。

パルコブックセンター。
「まこという名の不思議顔の猫」特設コーナーにズブズブと沈み込む。
足が動かない。
かわいすぎる。
かわいすぎる。

イタリアレザーの黒のスニーカーを購入。
定価17000円が2990円という衝撃プライス。
ちょっと独特なデザインのため売れ残ったのだと思いますけど、わたし、そういうクセのあるの得意ですから(笑)。
柔らかい皮で、すごく履きやすい。
履きこなして見せましょうとも。

雑貨屋などをあれこれひやかしてから、夜になって帰宅しました。

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can skip to the end and leave a response. Pinging is currently not allowed.

コメントをどうぞ

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>