早稲田のゲスト

sankei_090414横浜日仏学院シネクラブについてのサンケイ新聞の記事(4/14朝刊文化面)、ページの一番上の欄で、かなり大きく扱ってもらってました。
嬉しいですね~
ありがとうございました!

ところで、来週の早稲田での授業「複合文化学特論9」ですが、現在、池袋シネマロサで『シャーリーの好色人生と転落人生』公開中の冨永昌敬監督がゲストとして来てくれることになりました!

授業自体は、まだ始まったばかりで、映画史全般の話とか、基本的事項の確認みたいなものをクラス全体の共通了解として抑えている段階だったのですが、こうなったら話はまた違ってきます。
昨日の授業が終わった後、急遽決まった話なので、学生の皆さんには何の告知もなしになってしまいますけど、来週はいきなり映画史応用編・現代編・東京編のアクチュアルで生な話を二人でさせていただこうと思います。

(あ、掲示板とか使って告知できるのかな?学校の方に聞いてみます。)

具体的には、今週末のシネクラブが終わった後、話す内容を考えます。
まだ、なんも考えてない(笑)。
でも、絶対面白くなりますから。
乞うご期待!

映画好きな方は、間違いなく楽しめるはずです。
そうでない方も、分かったフリして聞いておいてください。
あとで、なるほどあのときの話はこういうことだったかと腑に落ちるときが来るかも知れません。

あるいは、分かったフリして聞いているうちに、それ自体が楽しくなってくることだってあるわけですしね。
そういうのも大事です。
誰しも、そこで話されている言葉や内容の全てを理解しているわけではなかったりするのですから。

ま、いろいろ難しい部分とか、その場での質問も受け付けますし、のちのち授業の中でもフォローしていきますよ。

と言うか、なにせ現役バリバリで活躍中の映画監督がゲストで来るわけですから、このブログを読んでしまった学生さんは、是非、何か質問できるように下準備してきてくださいね。
お友達などにも、一人でも多く、そう伝えてください。

冨永昌敬監督がゲストとしてくる授業は、
4月21日(火)4限(14時45分~16時15分)
早稲田大学本部キャンパス16号館401教室
で行われる複合文化学特論9です。

予習として、シネマロサで『シャーリーの好色人生と転落人生』を見ておくと良いかもね。
と言うか、見ておきましょう。
むちゃくちゃ面白いから。
因みに、この日、冨永君はシネマロサでの舞台挨拶と2連チャンみたい。
http://blog.livedoor.jp/shirley666/

それと、今週の感じで言うと、教室、多少空きはありましたね~
他意のない単なる感想ですが(笑)。

あ、そうそう。
今日の帰り道、何年か前に学習院の梅本さんの授業を受けて、その後、美学校に通い、今では映画の現場で働いているという方とお話ししました。
廣木隆一とか瀬々敬久とか、そういう話をあれこれ。
授業の方も、これから少しずつ応用編に進めていくから、また遊びに来てね~
(どこに?という質問はなしの方向で(笑))

あと、それ以外の方も、授業前でも後でも、わたし捕まえてくれたらいくらでも話とかしますよ。
質問などあれば、いつでもお気軽に。

それから、今週末のシネクラブの方もお忘れなく!
http://www.ifjtokyo.or.jp/agenda/evenement.php?evt_id=1355

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can skip to the end and leave a response. Pinging is currently not allowed.

コメントをどうぞ

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>