研究会報告091004

研究会参加者の皆さん、お疲れ様でした。
また名称が決まってないので、研究会(仮称)のまま通します。
予想以上に人が集まって、楽しかったですね。
15人くらいでしたか?
しかも、積極的に発言してくれる人がたくさんいて、会としてとても盛り上がりました。
(ま、このあたりは、正直、わたしの仕切りが見事だったというに尽きるんですけどね(笑))

内容的にも、本来の予定時間を超えて、文キャンカフェテリアで延長戦が続くなど、かなり充実したものになりましたし。
なんかいろんな可能性が見えてきた感じがしますね。
個人的にも、とても楽しかったです。
あれこれ作業を担当してくれた学生の皆さん、お疲れ様でした。
ありがとう。

今後も、だいたい一ヶ月に一度くらいのペースで続けていこうと思います。
次回は、タランティーノをテーマとして取り上げることに決まっていて、しかもすでに発表者が二人も立候補してくれてますし。
わたしの方でも、今回同様、その時興味のある(映画に限らない)事柄を題材に、何か一つトークをやる予定です。

つか、延長戦のカフェテリアでは、今日のわたし、殆どパゾリーニの『奇跡の丘』状態でしたけどね(笑)。
聖徳太子というか、北の将軍様というか。
ただし、イラクとは違って、わたしの場合、いまのところ国際社会から非難されているわけではありませんので、しばらくはこのアンシャン・レジームでやっていこうと思ってます。

上手く行くんですよ。
実際、その方が。
今回の研究会で、どれほど横の繋がりが参加者の間に生まれたかを見れば、その効果は明らかだと思います。

いやあ。
結構すごいことになってますよ。
もし、知り合いやお友達で今回の研究会に参加したという方がいらっしゃるようでしたら、その様子を聞いてみて下さい。
で、面白そうだと思ったなら、是非次回は参加してみましょう。
熱気にあふれた、とても良いイベントになっていると思います。

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can skip to the end and leave a response. Pinging is currently not allowed.

コメントをどうぞ

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>