ありがとうございました091011

土曜日のシネクラブにご来場下さった皆様、ありがとうございました。
今回は、ちょっとイレギュラーなことがあったりなどして、最後までバタバタしてしまい、個別にお話しする時間等あまり取れず、すいませんでした。

トークの方は、でも、何人かの方から聞いた限り、とても評判良かったみたいなので、ホッとしています。
映画があれだけ素晴らしい訳ですから、トークの方もやっぱ頑張んないと。

それにしても、今回見直してあらためて感じましたけど、この『主婦マリーがしたこと』、本当にすごい映画ですね。
間違いなく、シャブロルの最高傑作の一本だと思います。
メチャクチャ面白い。

次回は、シリアスな作品から打って変わって、とても楽しく切ないミュージカル、クリストフ・オノレの『ラブ・ソング』を上映します。
11月7日(土)18時30分から。
会場の都合で、いつもより30分遅れてのスタートとなります。
そちらも、どうぞよろしくお願いします。
詳細は、以下のサイトでご確認下さい。
http://www.institut.jp/ja/evenements/9251

ところで、帰りの電車では、サッカー日本代表試合から帰る人たちと菊名あたりで合流。
隣に座った女の子が、渋谷までの道中ずっと好みのサッカー選手を挙げ続けていたのが、なんだかとても面白かったです。

ラウルとかフィーゴが好きって話で、なんだい、レアルびいきか、あんな成金趣味丸出しの下品なチーム(そこに不均衡の美学など存在しない!)のいったいどこが良いのか、とも思っていたのですが、その後、でも今一番愛しているのはシュヴァインシュタイガーだって話を始めて、いやあ、シュヴァイニー(豚)ですか、それはまた個性的な趣味をお持ちで、とか思いつつ聞いていて、どうやら彼女はインターネットで画像検索したらしく、たくさんシュヴァインの写真をゲットできたそうなのですが、しかし、その中になぜか中村獅童の画像も混じっていたようで、なんでかなあ、やっぱこの二人似てるからだよね、などと連れの男性に同意を求めておられましたけど、それは果たしてどうかなあ?

因みに、嫌いな選手はルイ・コスタとアルヴァロ・レコバらしい。
顔見るだけで虫唾が走るとのこと。
そこまで言うかなあ。

ああ~、サッカー選手と付き合いてぇ~、だそうです。
頑張って下さい。

今日は、谷中銀座まで足を伸ばし、マミーズで手造りアップルパイを購入。
最近いろんなメディアで紹介されたらしく、売り切れ続出の大賑わいでした。
まあ、美味しいものが広まるのは良いことです。
そのあと、くらら、なかむら、蔵の師魂いもいも等もゲット。
両手いっぱいの大荷物で帰宅しました。

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can skip to the end and leave a response. Pinging is currently not allowed.

コメントをどうぞ

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>