映画ライター(ブログ)

080608_800x600って肩書きを付けられました(笑)。
試写状の宛名書き、名前の上にでっかく。
郵便番号よりずっと大きい文字でした。

うーん。

いや、別に良いっちゃ良いんですけど、何なのだろう、この腑に落ちない感は?(笑)
はがきの宛名欄に肩書き書かれるのも妙だし、その肩書き自体、なんだか自分とはちょっとばかり縁遠い気がするのが主な理由かな?

まあでも、少なくとも、ここ知っててもらえてるってことですよね?
この宣伝会社の人に。
読んでなかったにせよ。
それは何というか、ありがとうございます。
ただ、ここ、ブログを名乗ったことないですし、ブログという言葉が流行るずっと以前から同じことやってますし、それを言うならば、わたしも映画ライターを名乗ったことは一度もないような気がするんですよ。

あ、でも、宣伝会社さんから付与されるカテゴリーとして、映画批評家って枠がないのかもしれませんね。
それじゃ仕方ないや~。
はっはっは。

あと、「about」のページを見てもらえれば分かると思いますが、ブログ書き以外にも映画の仕事いろいろやってたりしますので、「映画ライター(ブログ)」という慣れないカテゴリーに性急に分類された上、その看板しょって試写を見に来なさいと仰せつかるには、何というか、もうちょっと身分の曖昧な人間かもしれませんね、わたし、というような気がしています。
はい。

すいませんね。
会社勤めじゃない人間って、いろいろ半端で複雑なんですよ。
ややこしくて申し訳ない。

試写日記

今日は一本だけ。
ジャック・ブラック主演の『テネイシャスD 運命のピックをさがせ』。
梅雨気分を吹き飛ばすのに良い選択だと思ったのですが。

終映後、もう一本くらい何か見ようかと思いながら、やや時間が余っていたので、雨の中、近所をぶらぶら歩いていたところ、そのもう一本の作品の試写状というのが上記のはがきであったりして、取り出したそのはがきの宛名書きに目を走らせつつ、なぜかそのまま足がどんどん遠くへと向かってしまい、気がつけば、銀座の街をあちこち散策しながら、すっかり一目惚れしてしまった可愛いTシャツ(ヨーロッパ風のネコのイラストがたくさん描かれてる)を1枚買って、キルフェボンでチーズタルト買って、そのまま地下鉄に乗って帰宅してしまいました。

家では、ご飯食べて、お風呂入って、コーヒー飲んで、キルフェボンのタルト食べて、そして、こうしていそいそとブログ(笑)を更新しておるところです。
明日もハッピーな一日だと良いなっ!!

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can skip to the end and leave a response. Pinging is currently not allowed.

コメントをどうぞ

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>