論文のこととか

ちょっと長めの論文を書くため、あれこれ準備の一日。
論文テーマに関しては、二つほど候補があって、どちらを選ぶかかなり悩む。

A案は、テーマ設定としてもかなり狙った面白いもので、今すぐにでも書きたいものだと、しばらく前からぼんやり考えてきたもの。
本当なら、絶対こちらを選びたいところなんですけど、と言うか、そのつもりであれこれ準備しつつあったのですが、うーん、今日あらためて計算してみると、締め切りまで時間が足りないかな?
来年、ちょっと長めの旅行も行くし。

テーマ的にも、外角低めのコーナーギリギリを狙っている分、うまく内容をまとめないと焦点がぼけたものになっちゃう可能性がありそう。
しかも、できあがるものは、まるで最初からど真ん中狙って投げたかのような原稿に仕上げなくちゃいけない、という。
この辺、内容練り込むのに時間がかかりそうだ。

B案は、それに対して、テーマ的には完璧に王道です。
特に奇をてらったりせず、真っ正面からの論文になる予定。
テーマ設定的に興味を引かれる部分は少ないんだけど、まあ、対象とその扱い方と、後は論文それ自体のおもしろさで勝負という感じでしょうか。
ストライクゾーンの出し入れとかじゃなくて、あくまで投げるボールの質で勝負。
こちらに関しては、すでにある程度積み重ねてきた部分もあって、その意味でも時間的に楽です。

まあ、書いてて既に結論が含まれていますけど、やっぱ今回はB案ですね。
じゃ、そうと決まったら、さっそく資料を掘り起こさないと。
掘り起こすというのは、比喩では全くなくて、今からザッハリヒにその作業をやる必要があります(笑)。
ま、年末だし、ちょうどいいな。

あ、その前に晩ご飯買ってこよう。
行ってきます。

帰ってきました。
ただいま。
今夜は、ローストチキンにしました。

さて、長めの原稿って、書くにはそれなりのタメが必要になってきます。
普段から400字詰め原稿用紙にして10枚前後の文章は日常的に書いてるし、気合い入れれば30枚程度までならその延長で書けちゃうのですけど、それ以上となると、これはまた別のタイプの準備が必要になってくる。
呼吸も違うし、構成も書き方も全然違う。

で、これがなかなか面倒なんですよね~
タメができないというか、気合いが入らないというか。
ギリギリ追い込まれるまで、なかなか重い腰が上がりません。

たぶん、短めの文章(と言っても、これくらいの長さはありますが)ばかり普段から書いてるからかも。
そこでリビドー使い果たしちゃってると言うかね。
短いもの・軽いもの・早いもので済ましちゃってると、長いもの・重いもの・時間のかかるものへと向かうべき気力が、自分の中から失われがちなんだと思います。
だから、いわゆるブログブログした文章、と言うか、ショコタンな文章(笑)はあまり書かないよう心懸けているし、Twitterも基本的には距離を置いてます。

やばいと思いますよ、ああいうの。
確かに便利だし、楽しそうだとも思いますけど、やっぱタメがなくなっちゃう。
人間としても、懐の深さがなくなりそうだ。
ショコタンがどうかは知りませんが(笑)、自分がやると、どこかでそうなっちゃうかも。

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can skip to the end and leave a response. Pinging is currently not allowed.

コメントをどうぞ

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>