M-1 2009

数日前から、M-1関連でのアクセスが異常に多いんですけど、何故なのでしょう?(笑)
お笑い評論家やってるわけじゃないですし。
去年、ちょっとタイミング良くオードリーのこと書いただけですが、もしかしてお笑い関係のどこぞやからリンクされたりとかしていたのでしょうか。
思えばこの一年、「オードリー 若林 ドS」「オードリー 春日 住所」といった検索ワードの絶える日がなかったです。

オードリーに関して言えば、まあ、ジュニアさんが最近よく言う「おもしろ風味」春日ってのは、本当にその通りだと思いますよ。
その風味を演出しているのは、春日じゃなくて若林だし。
実際、ほぼ同じことを昨年「M-1 2008」の段階でここに書いて、その後の彼らが取るべき芸能界サバイバルコースにまで言及していたわけですけど、まあ、そこでの課題は相変わらずだなあ、と。

若林の方が、「アメトーーク」相方大好き芸人なんて無理めの枠に乗ってまでテレビ出てくる痛々しい姿見ていると、さすがに背伸びしている感は否めなかったです。
たぶん、力を抜いて自分の本来収まるべき場所を探した方が若林にとっては良いと思うのですが、相方大好き芸人ということではなく、普通に友達思いで責任感のある人の良いやつなのかなあ、と。
あれだけテレビに食べられちゃったら、いくら春日の中の人・若林にとっても、もはやどうすることもできないと思うんですけどね。

そんな彼らの(あらかじめ予想された)伸び悩み状況・行き詰まり感をダイレクトに反映しつつ、今回、グランプリ後の再チャレンジで、しかも敗者復活戦からの決勝進出という大きなドラマを用意してもらったのがNON STYLEであったわけ。
これがおそらく、M-1 2009が用意した最大の隠し球であり、目玉であったのではないでしょうか。

表向きには、毎回ダークホースの地位に甘んじつつ、ついにラストイヤーを迎えた笑い飯に期待するという看板を用意してはいましたけど、ある意味この番組の定番と化したコンビにそれほど大きな変容や新鮮味、爆発力を望むのも難しく、せいぜいのところ、笑い飯とノンスタの2本立てに加え、実力派コンビを押さえとして見繕っておこうというのが、既定ラインであったことでしょう。
松本人志が、「よくできたソフトである」と自ら出演中の番組に対して自己言及したのは、まさにそういう意味であったように思います。
正直、あの発言が今大会のハイライトでしたね。

その意味で、笑い飯の一本目のネタは、番組側で彼らに期待することのできた最高のレベルに近い出来映えではなかったでしょうか。
彼ら本来の形式を崩さず、期待通りの演し物を提供しながら、しかも、今回はその他のコンビとの組み合わせにも恵まれて(これは番組によって計算された部分も大きくあるように思います)、「毎度お馴染みハズシ漫才」的な食傷感もありませんでした。

「鳥人」ネタは、とても良かったと思います。
笑い飯とはこれこれこういうコンビという認識が広く共有されているあの大会の中で、彼らがそれでも示しうる最高のものであったことでしょう。

とは言え、そこに「M-1 2009」の看板を背負って立つような「新鮮な驚き」が備わっていたわけでもない。
チュートリアルがグランプリを獲得した2006以降の停滞感・閉塞感を打ち破るだけの新鮮味、そして新しい発見を打ち出したいはずの番組にとって、長年この大会に貢献し続けてきた笑い飯にグランプリを与えるというのは、番組としての行き詰まりを自ら告白するに等しいものがある。
それは、M-1終了をほぼ自ら認める行為にさえ近いと思います。

もちろん、漫才の実力や斬新さ、カリスマ性、タレント性などの総合力では彼らが抜きんでた存在であったように思いますし、「鳥人」ネタ一つあっただけでも、笑い飯が今回グランプリを獲得しないという理由は、彼ら自身の中には全く見いだすことができない。
なぜなら、それは笑い飯の側にあるのではなく、新しいお笑いを世間にプレゼンするというこの大会それ自体の都合に基づくものだからです。

ノンスタについて言えば、前回優勝していながら、その後バラエティなどの活躍ぶりにおいて大きくオードリーから水をあけられ、なんだか引き立て役のような地位にさえ甘んじてしまった彼らが、文字通り敗者復活して前人未踏の2連覇をM-1で果たすというのは、確かに大きなドラマになっているようにも一見思えます。

しかし、あらためて考えてみるまでもなく、彼らは別にM-1においてオードリーに敗れたわけではない。
むしろそこでは勝っていたにも関わらず、その後の活躍ぶりにおいて両者の地位が逆転し、たとえば審査委員であるオール巨人にさえ、別のトーク番組中、今ならオードリーが優勝するであろうとまであからさまにコメントされてしまったわけなのです。
(あの発言は、リップサービスであるにせよ、正直どうかと思う。)

であるとすれば、たとえ今回彼らがオードリー不在のM-1 2009で優勝したところで、それが世間的に言ってノンスタイルの逆転勝利にはいささかも見えない、ということが言えるでしょう。
いや、仮にオードリーが出場していたところで同じです。
ノンスタイルは、オードリーに対しこの大会で2度勝つ必要は全くない。

それはむしろ、オードリー(=彼らを大きくフィーチャーするバラエティ番組のルール=資本主義)に対するM-1という商品の敗北さえ意味してしまう結果につながる可能性があります。
賞の権威・威光・神通力が低下してしまうわけです。
ノンスタが披露したネタは、去年に比べて決して悪かったとは思えませんし、実力的にも笑いの形式の新しさとしても、今大会で優勝するだけの力がなかったとは全く思いません。
ただ、それだけでは、彼らに2度グランプリを与えるだけの確信を番組側が持つことができなかった、ということですね。

彼らが2度勝つのであれば、その実績を持って、他のバラエティ番組の中でオードリーを圧倒してもらわなければ困る。
しかし、それに見合うだけの成長や爆発力を、彼らは示すことができなかった、ということ。
それはしかし、なんて高いハードルなのだろうとは思いますけどね。
今回のノンスタそしてM-1 2009は、おそらくどこかで、近いところでオードリー、もう少し大きく見てチュートリアルの影と戦っていたように見えます。

パンクブーブーに関しては、それほど言うことはないですね。
やや影が薄いかな。
ツッコミの方が山崎邦正似の弁護士を思い出させるくらいで、ボケの方はどんな顔をしていたか、すでにハッキリと思い出せません。
普通に実力のある良い漫才コンビであり、安定して面白いネタを見せたとは思いますが、ただし、同じ枠に入るコンビとしては、ナイツの方が上だったように思います。

お笑いの実力、ネタの新しさ、コンビの熟成度、キャラクターの打ち出し方、どれをとってもナイツの方がはるかに格上でしょう。
まあ、ようやく手にした決勝進出でここまで来たというちょっとしたドラマに加えて、初出場の新鮮味ということ、それに出演順という巡り合わせもあって、笑い飯とノンスタイルの間で漁夫の利を得る役回りが、今回パンクブーブーに回ってきたというだけのことだと思います。

また、番組としても、一応、今後のお笑いを背負って立つべき新人を見つけ出しました、という形で、体面を保つことができたわけです。
実際に彼らが活躍できるかどうかは、正直、かなり厳しいようには思いますが。

あと、そういうわけで、ナイツは損しましたね。
今年、チャンスだったと思います。
残念でした。
それはまた、番組にとっても残念な事態であろうとは思いますけどね。
ナイツの安定感は、このあたりで賞を与えておいて絶対失敗しないものだと感じました。

最後に、この4組から下は、かなり実力差があったように見えましたが、中ではモンスターエンジンが、去年に引き続き、得体の知れない大物感を漂わせていたように思います。
ただし、まだまだ実力が全く伴っていない。

彼らはキャラが立ってるし、神々とか鉄工所ラップとか直感的に面白いものを見つける能力に長けているので、お笑いの形式を一つものにして成長できると、と言うことはすなわち、もうちょっと大人になることができれば、たぶんバラエティ番組で重宝されるようになると思います。
オードリーより大器なので、番組でキープして育てていくのが良さそうです。

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can skip to the end and leave a response. Pinging is currently not allowed.

コメントをどうぞ

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>