雑記100114

うーん、昨日の「未来の巨匠たち」紹介文、どうやら先方さんに気に入っていただけなかったようです。
まあ、ストレートな書き方してませんし(笑)、それはそれで仕方ないことだと思いますが、こちらの意図としては愛にあふれた紹介をしたつもりなんですけどね。

まあ、自分の文章の意図を自ら解説するなんて、相当野暮なことだと思うので普段はやらないのですが、つまり、これから立ち上げていこうとする組織とかプロジェクトに対して、それが「今どのようなものとしてあるか」ではなく「これからどのように成長していくか」の部分で期待を寄せるというのは、わたしとしては当然のことだと思うし、そのためにはイベントの成功まで大きなプレッシャーを感じ続けてもらわなければ困るし、そうした緊張感をあらためて喚起しておくのも、同じく横浜でずっと映画のイベントを続けてきた一人としては当然の役割だと考えるんですけどね。
まだ始まってもいないものに対して闇雲に褒めそやすのではなく、一層の精進を促すことこそが、真の愛ではないか、と。

まあ、nobody松井くんから依頼があったという段階で、そういう先輩ポジションが強まり過ぎちゃったという面はあるかもしれませんが(笑)、いいじゃん、それくらい毒あった方が。
面白いと思うんだけどなあ。
おりこうさんな顔して、同じようなものを対象に、同じような書き方でこぎれいにまとめた文章とか、インパクトないじゃないですか。
そういうのって、人の心をつかまない。

それにしても、いやあ、これって不況だからでしょうかね、おりこうさんな人たちのお行儀の良い文章ばかりがちんまり並んでいる状況を、本気で望んでいるとしか思えない人たちが、このところますます増えてきているような気がします。
でも、それって、映画からその生命を奪っちゃうことですよ。
画一化の(曖昧な)強制の動きに対しては、これからも全力で抵抗していきたいと思ってます。

ところで、突然の激しい胃痛に襲われて、昨日一日、ひたすら七転八倒していたのですが、これ、どうやら食中毒だった可能性が出てきました。
ガスター10のおかげで、今は何とかパソコンの前に座っていられるまで回復しましたけど、まだ胃の辺りに大きな鉛を埋め込まれているかのよう。
鈍い痛みがずっと続いています。

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can skip to the end and leave a response. Pinging is currently not allowed.

コメントをどうぞ

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>