告知関連100305

告知関連、まとめて書いておきます。

kinejun100305まず、現在発売中の「キネマ旬報」3月下旬号に原稿を書かせていただきました。
「評論家発」という連載枠。
今後も、一号おき、下旬号の方に掲載される予定です。
http://www.kinejun.com/index.html

初回で取り上げた作品は、ヴェルナー・ヘルツォークの『バッド・ルーテナント』。
自分で言うのもなんですが、なかなか面白い文章になっているのではないかと。
正直、密度が違います。
テンション高いです。

「評論家発」というコーナーは、すでに公開済みの映画に対する<批評>を行う枠として用意されたもので、そのため、かなり自由にあれこれ書くことができます。
対象作品を見ていない人に対して、その興味を喚起することはもちろん、それ以上に、作品から拡がるさまざまな批評的問題について書くことで、映画を見るたのしみを2重3重に大きくするような文章を書きたいと考えています。

因みに、この号は『ハート・ロッカー』特集になっているのですけど、来月、4月下旬号で掲載予定の「評論家発」でも、この作品を取り上げています。
旅行中に締め切りが来るため、既にあげちゃってるんですが、こちらもまた、たいへん評判になった原稿で、って、よく臆面もなく自分で書くものだと思いますけど(笑)、本当なんだから仕方ないですよねえ。
いやあ。
我ながら、面白い文章を書きました。

engine_cover『ハート・ロッカー』については、同じく現在発売中の「ENGINE」という新潮社の車雑誌でも短い文章を書かせていただいてます。
http://engine-online.jp/index.html
こちらは、映画見てない人向けに、ちょっと切り口かえて書きました。

3月19日(金)に発行予定の「buku」最新号では、連載「資本主義社会のエッジを生きない」第13回が掲載されます。
http://www.c-buku.net/

こちらでは、『アバター』からはじめて、いろんな作品に触れた文章になっています。
しかも、映画だけじゃないという。
浦沢直樹なんかについても書いてたり。
さらに、後半ではアラン・レネ全作上映を主題にしたものとなっており、いかにしてジェームズ・キャメロンからアルノー・デプレシャンを経てレネの最新作へと論述が及ぶのか、そのダイナミズムを楽しんでいただければと思います。
これまた、とっても充実した文章になりました。

2月20日に行われた[Lehrstucke 05](映画研究ゼミ@早稲田)のログがアップされました。
http://lehrstucke.ecri.biz/?p=181

当日、twitterで何人かが記録したtsudaログをまとめたものです。
1万字超えという、驚異の分量!
内容は、自己紹介という名の映画雑談と、『インビクタス』とジャック・ロジエ。
そのかなりの部分を私の発言が占めてますが、実際、現場でも半分以上喋ってる印象で、今回の場合、正直、後半では多少ウトウトしちゃってました(笑)。
疲れますよ、そりゃ。

映画雑談では、恋愛映画がテーマになっていて、これ、面白いと思いますよ。
シネフィルの男の子たちが語る恋愛映画論と、それを斬りまくるわたし(笑)。
是非、お読みください。

ロジェと言えば、現在、ユーロスペースでアンコール上映が行われている最中ですけど、なにせ、最終週の入場者数が1週目の倍以上だったらしいんですよ。
http://www.eurospace.co.jp/detail.html?no=264
素晴らしい!
作家のネームバリューは劣っても、こうして本当に良い作品を丹念に上映すれば、その素晴らしさが口コミで伝わって、最終的に多くの人に伝わるものだということが、あらためて証明されたのではないでしょうか。
こうした活動が今年はもっとたくさん増えて、その一つ一つがきちんと実を結んでくれればいいのに、と願わずにはおられません。

あと、インタビュアーを担当させていただいた「黒沢清の映画術」ですが、刊行3年ということで、新潮社規定により絶版となりました。
現在書店に置かれている分がなくなっちゃうと、その後入手困難になることも予想されますので、この機会に是非一冊入手していただければ、と思います。

以上、もろもろ、どうぞよろしくお願いします。

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can skip to the end and leave a response. Pinging is currently not allowed.

コメントをどうぞ

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>