Latest Publications

携帯投稿

横浜にいます。
ホテルニューグランドに宿泊。
眠れないので、日記書くことにしました。

今日は、午後から池袋で某誌編集者と顔合わせ。
雑誌自体は何度かお世話になったことがあるのですが、久しぶりの御座敷であることと、あと、いろいろあったらしく、わたしの知っている方はもう誰も残っていないそうなので、まあ、今後ともよろしくという意味を含めてのミーティングでした。
短い時間でしたが、その「いろいろ」をもちろん合わせつつ(笑)、あれこれお話してきました。

ショコタン似のお若い女性でしたが、まだ学生さんでもあるらしい。
大変なとこに来ちゃったなー、と、他人ごとながら、すっかりお父さん気分で心配してしまいましたけど(笑)、いやいや、頑張って下さい。
応援してます。

大桟橋の明かりがきれいです。

土曜日曜のことは、帰ってからまた書きます。
そうそう、今日の晩御飯は中華街で四川料理のコースでした。おいしかった。

そろそろ、また寝る努力をしてみます。
運がよければ、おやすみなさい。

たぶろっど

ちょっと時間ないので、昨日の日記は後ほど書きます。
きょうの金曜たぶろっど!は、橋口亮輔監督による『ハッシュ!』以来6年ぶりの最新作『ぐるりのこと。』をピックアップ。
大好きな作品です。
よろしくお願いします。

試写日記+

阪本順治の『カメレオン』。
ギリギリに到着したところ、すでに満席。
補助席を出してもらえたので、なんとか見ることができました。
個人的に、藤原竜也の良さが分かりません。

二本目。
フランシス・フォード・コッポラによる『コッポラの胡蝶の夢』。
『レインメーカー』以来、10年ぶりですか。
エリアーデ原作だし、このタイトルだし、久しぶりの監督作品だし、一体どれだけ気合いの入った、そして(良い意味で)気合いの空回りした(笑)作品になっているか楽しみだったのですけど、意外にサックリ撮ってあって、ちょっとびっくり。
年齢でしょうか?

帰りの地下鉄では、前に座っていた男性の読んでいたスポーツ新聞の記事に、巨人真田?トレード?という文字が。
真田選手の奥さんとは番組で共演させていただいているだけに、ちょっとびっくりして顔を近づけて読もうとするも、あっさり次のページにめくられてしまい、確かめることができず。
帰宅後、ジムの待合室に置かれていたスポーツ新聞で確認しました。

横浜に移籍しても、是非活躍していただきたいと思ってます。

個人的には、巨人というチームがちょっとばかしアレだったもので(笑)、これで何の引っかかりもなく心から応援できます。
わたしも、横浜にはシネクラブでお世話になっていることですし、そのうち横浜球場にも観戦に行きたいものですね。

試写日記

ケン・ローチの新作を見に渋谷まで行ったのですが…、

15時30分からの上映開始予定で、15時には会場に到着していたにも関わらず、試写状のタイムテーブルが間違っていたとのことで、すでに上映は終了しました、とのこと。

誤表記については、こちらから訂正のお知らせをある程度送らせていただいたのですが、何人かの方は入れ違い(って何?)になってしまったようで、と謝っていただいたのですけど、でも、うちにはそのお知らせが届いてなかったわけですし、それって…、いや、深読みはするまい(笑)、忘れよう、忘れよう、忘れよう。

帰宅後、ジム行って、崎陽軒のシュウマイ弁当食べて、あれこれメール書いて、オランダの試合とスペインの試合を見て、ほっと一息ついて、さて、そろそろ寝ますかってところです。

今日は、ここには書かないけど、いろいろ楽しいことがありました。

映画ライター(ブログ)

080608_800x600って肩書きを付けられました(笑)。
試写状の宛名書き、名前の上にでっかく。
郵便番号よりずっと大きい文字でした。

うーん。

いや、別に良いっちゃ良いんですけど、何なのだろう、この腑に落ちない感は?(笑)
はがきの宛名欄に肩書き書かれるのも妙だし、その肩書き自体、なんだか自分とはちょっとばかり縁遠い気がするのが主な理由かな?

まあでも、少なくとも、ここ知っててもらえてるってことですよね?
この宣伝会社の人に。
読んでなかったにせよ。
それは何というか、ありがとうございます。
ただ、ここ、ブログを名乗ったことないですし、ブログという言葉が流行るずっと以前から同じことやってますし、それを言うならば、わたしも映画ライターを名乗ったことは一度もないような気がするんですよ。

あ、でも、宣伝会社さんから付与されるカテゴリーとして、映画批評家って枠がないのかもしれませんね。
それじゃ仕方ないや~。
はっはっは。

あと、「about」のページを見てもらえれば分かると思いますが、ブログ書き以外にも映画の仕事いろいろやってたりしますので、「映画ライター(ブログ)」という慣れないカテゴリーに性急に分類された上、その看板しょって試写を見に来なさいと仰せつかるには、何というか、もうちょっと身分の曖昧な人間かもしれませんね、わたし、というような気がしています。
はい。

すいませんね。
会社勤めじゃない人間って、いろいろ半端で複雑なんですよ。
ややこしくて申し訳ない。

試写日記

今日は一本だけ。
ジャック・ブラック主演の『テネイシャスD 運命のピックをさがせ』。
梅雨気分を吹き飛ばすのに良い選択だと思ったのですが。

終映後、もう一本くらい何か見ようかと思いながら、やや時間が余っていたので、雨の中、近所をぶらぶら歩いていたところ、そのもう一本の作品の試写状というのが上記のはがきであったりして、取り出したそのはがきの宛名書きに目を走らせつつ、なぜかそのまま足がどんどん遠くへと向かってしまい、気がつけば、銀座の街をあちこち散策しながら、すっかり一目惚れしてしまった可愛いTシャツ(ヨーロッパ風のネコのイラストがたくさん描かれてる)を1枚買って、キルフェボンでチーズタルト買って、そのまま地下鉄に乗って帰宅してしまいました。

家では、ご飯食べて、お風呂入って、コーヒー飲んで、キルフェボンのタルト食べて、そして、こうしていそいそとブログ(笑)を更新しておるところです。
明日もハッピーな一日だと良いなっ!!